2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

友達

  • カタリナ姉さん
    FFでフレになってくれたお姉さん。わーいわーい!
  • コグレ
    職業:勇者の絵描き。今はハウルにはまってる模様。
  • 桜井あやちゃん 
    ペンギン好きのイラストレーター。笑顔の悪魔たん。

2008年8月10日 (日)

ぱんぱんぱぱん

子グマがパンを食べるようになったのだけれど、ものすごい勢いで食べるので

パンの白いトコ>>パンの耳

と難易度を上げた。にもかかわらずすごい勢いで食べる。なので、フランスパンでもあげてみようかと思って実家近くの有名なパン屋さんへ。

着くともう終わりでシャッターが閉まり始めていた。しょぼぼぼんとしていると中からおじさんが。

「もう終わりなんですよ、クッキーとかならまだお店にあるんですが・・・」

といわれたので

「あ、フランスパンが欲しかったんですが、また今度にします」

と正直に話すと、おじさん(多分オーナー)が

「あ、ちょうど自分用に1本あるのでコレでよければお分けしますよ」

おもわず「おおおおおおお願いしますっ!くださいぃぃ!」と叫んでしまいますた。なんでもフランスパンは24時間発酵させなきゃいけないので土曜日のみつくるらしい。なので、それ買えなければ、また来週だったのだ。

ありがたく分けてもらい、さっそく子グマに与えてみると堅いにもかかわらず、すごい勢いで口に入れる。その上もっとよこせとおいらに抗議の声を上げる始末。時間はかかるので顎が疲れること請け合いなのだけれども、大きな塊をあげても両手で持ってあみあみ、口に全部いれてみてあみあみ。

小さくてもうまいものはわかるんだなぁ・・・と思いつつフランスパンを取り合いながら食するおいらなのであった。

2008年7月31日 (木)

そのころのクマたんs

おいらが遊びに行っている間、クマ親子でお留守番だったのですが、何事も問題なく過ぎ去ったようです。さすがクマたん。いつも世話手伝ってくれるから、慣れてるんだね。刻々と写メで近況が送られてくるのだけれど、どれも笑顔。ウンチしてても笑顔。

おいらが帰宅しても子グマは

( ´_ゝ`)<あー、そういえばいなかったっけ?

的な態度ですた。いつも一緒なのにっ!長時間離れていたのはこれが初めてなのにっ!と思いますたが、これで大手を振って遊びにいけるとよい方に解釈し(ぉぃ)「それもまたよし」と思い直したのは内緒でつ。

クマたん、ありがとう。

電脳野郎2

あいかわらず電脳野郎な子グマ。

おいらの携帯をいじって悪魔たんとN様に無言電話かけていた。履歴でいったらクマたんなのに。どうやってかけたのか、謎は深まるばかりである。

そしてクマたんのIブックはあいかわらず狙われており、ワン☆パンチでサファリを強制終了したり、カーソル上から下へテレポさせたり、勝手に他のページ広げたりしてまつ。

・・・・・・やはりこれは奥義持ちのタタラなんですかね?

2008年7月15日 (火)

電脳野郎

子グマは電脳野郎である。

理由その一:ママンの携帯をもち自分の顔をムービーで勝手に撮る。

理由その二:クマたんのiマックに攻撃をしかけ、コマンドキーを取りマックを泣かせる。

理由その三:コードを見ると触らずにはいられない。とりあえず口にいれるか、引っ張る。

この他、モニターやキーボード、扇風機に掃除機が興味の対象になっている(自ら手を伸ばし、弄ろうとするところをおいらが阻止)。もっとおもちゃとかに興味を持ってもらいたい。タタラの奥義持ちみたいな子供はどうかと思う。

2008年7月 7日 (月)

勇者の剣

子グマ専用アイテム。勇者の剣。

実は木製のモービル。何を思ったのか三節棍のように振り回しはじめ地面をぽこぽこ殴ってます。

この頃不機嫌なときには勇者の剣を渡すとご機嫌になって畳を殴っていますです。なにか違う気がしますが、おいら気にしません。はい。

ふたりでできるかな

おいらがゲームであそびに行ってしまうので、クマたんと子グマのお留守番体験、“ふたりでできるかな?“をやってみますた。おいらは近所の漫画喫茶へ。

すると携帯で送られてくる数々の写メ。どうやら、しばしご飯を食べてお昼寝の後ご機嫌で遊び、お昼にお風呂はいってニコニコらしい(この間4時間程)。

なんだ、おいらお出かけ全くもっておkじゃん。子グマおりこうさんじゃん。

ただクマたんいわく「本人の気分しだいっぽい」とのこと。うむむ。

おいらはというと漫画10冊程読んでいい気分転換になりますた。ありがとうありがとう。

2008年6月27日 (金)

奇声時々デス

子グマが生まれるまで赤ちゃんはみんな高い声しかださないと思っていた。が、我が子はおいらが教えたわけではないのに「ごぉぁぁぁぁぁ」とか「でぇぇぇぇ」とかデス声っぽい音を出すのです。むろん低い声です。赤ちゃんのかわいさマル・デ・ナシ男だな。

クマたんは「腹の中で聞いていたのか・・・・」とか言っていたのだけれど、おいらクサメロ派であってメロデス好きではないのでありえない。

そんでもって、すこし悲しいのでデス声で話しかけられるとデス声で答えるようにしているおいらであった。

2008年6月13日 (金)

速さ3倍?

このごろ横回転で移動する技を覚えた子グマ。基本的にはゆっくり回転するのだが、時々振り返ると姿が消えている。それも一瞬のうちに。

おかしい、ヤツはパーソナルカラー持ちじゃないのに。世のベイビーはみんなこんな速さで移動するんでつか?

2008年6月 2日 (月)

ばななんばななん

おいらはバナナが嫌いでつ。食感が好きじゃないのでつ。

ある日、子グマに試しにバナナを食べさせてみますた。離乳食としては優秀な食べ物だし、手軽なので。ただ、おいらが大嫌いなので食べてくれるか心配ですた。

が、ヤツは今まで甘いものといえばサツマイモかカボチャの生活だったので、一口食べてから目の色が変わり、口を開けて待つ始末。おまいは雛鳥かと・・・(ry)

今日の朝もバナナ+粉ミルクだったんだけど、お皿を奪って食べようとしてますた。凄まじい甘いものパワーでつ。

すごい勢いで食べるし、離乳食作るの面倒なので(オイ)、しばらく朝はバナナにしよう、そうしようと心に決めたおいらなのですた。

2008年5月 2日 (金)

ベビーカー

子グマを輸送するのに今まではたて抱っこ紐を使っていたのだけれど、あれって10kgまでしか耐えられない。その上わが子は生後半年にして9kgの大台突入。テラヤバス、ギガヤバス。

そこでいろいろ試した結果、軽いベビーカーを買った。暑がりな子グマの為にシートはメッシュのヤツだ。試乗しているときのヤツはご機嫌さんだったのだ。

早速本人を乗せてシートベルトをし、おいらは楽になり、ウキウキとお散歩へ。

>>途中から不機嫌になる。結局抱っこして戻ることに。このベビーカー、ただのお荷物になる。はっきりいって邪魔である。

次の日も試すが不機嫌になり、ベビーカーは荷物カート、右手一本で9kgを支えて家に帰る。正直いって片手だと重い、すんごく重い。

その次の日も試すがやっぱり叫ばれてスリングにいれるもなぜか直立状態になり、結局抱えて家に。前日の筋肉痛もあいまって非常にキツイ。生体ダンベル絶叫付のトレーニングである。おいら、そんなトレーニングは望んでいない。

おかしい、何かがおかしい。試したときは乗ったじゃないか、ご機嫌ちゃんだったじゃないか、我が子よ・・・・・・・とほほ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー