2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

友達

  • カタリナ姉さん
    FFでフレになってくれたお姉さん。わーいわーい!
  • コグレ
    職業:勇者の絵描き。今はハウルにはまってる模様。
  • 桜井あやちゃん 
    ペンギン好きのイラストレーター。笑顔の悪魔たん。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月26日 (月)

世界の中心でキャーと叫べないおいらたち

ある日、中学時代の友達Yにあった。話が盛り上がってきたところ、Yが一言。

(・ω・)「ねぇ、Bupu、とっさのときに“キャー”って叫べる?」

( ´_ゝ`)「おいら?あームリムリ。あれは“乙女虎の穴”に入門した人のみの必殺技」

(・ω・)「あー、私だけじゃなかったんだ!よかったーwちなみにびっくりしたときはなんて言う?」

( ´_ゝ`)「うぉっ!か、おぉっ!か、ぎゃっ!だね。」

(・ω・)「やっぱり練習しないと、とっさに“キャー”なんていえないよねぇ・・・・・(しみじみ)」

( ´_ゝ`)「かといって、普通に“キャー”って練習していたら何事かと注目されちゃうしねぇ」

(・ω・)「そうか・・・・乙女じゃないと駄目か・・・・」

( ´_ゝ`)「ムリムリ」

ヽ(・ω・)人(・ω・)ノ<ムリムリー!

その後何事もなかったように分かれました。中学のころと何にも変わってないYですた。

コーヒー

クマたんが知らず知らずのうちにコーヒー好きの道を邁進してますた。気がついたらコーヒーミルはあるわ、一人用ペーパードリッパー2種類あるわ、注ぎ口の美しいポットはあるわですごいことになってます。

そしてついに禁断のネルドリップにも手をだしますた。あれは使った後冷蔵庫保存だったので手入れが面倒で(主においらが)手をださないハズですた。しかし、おいしいコーヒーを飲むためにクマたんは買ってしまいますた。あ、もちろんメンテナンスはクマたんです。はい。

で、お味なのだけれどね、はっきりいってウマイおっ!味が濃い目というかトロリ目になるんだね、これ。おかげで安いコーヒー豆でもおいしい。ブラックで飲んでも、とってもおいしい。

この前アイスコーヒー用の豆が激安だったので買って、淹れてもらったのだけど缶コーヒーとかインスタントのよりうんまい(当たり前か)。値段はそれ以下なのに。素晴らしい、すごいぞネルドリップ、すごいぞクマたん。

ただ、ひとつ問題がある。それはおいらはカフェインにものすごく弱い事だ。・・・駄目ジャン!

2008年5月14日 (水)

スプー

ある日NHK「おかあさんといっしょ」をほげぇっと見ていると驚愕の事実。スプーは実は記憶喪失でチョコランタンに流れ着いたかなんかしたらしい。なのでお母さんの顔も覚えていないようだ。

子供番組のくせに意外とヘヴィな境遇なのな。スプー。

2008年5月13日 (火)

ベビーカーその後

ベビーカーに乗ると抗議の声を上げる子グマ。おいらは考えた。何かいい方法がないかと。

結果買い物中、縦抱っこ紐で子グマを抱っこし、子供が乗るところに米5kgを載せてみた。素晴らしい!これなら荷物カートとして完璧だ!

警備員さんが不思議そうにおいらを見ていたのは見なかったことにする。

おいらのCDコレクション

なんとなく子グマ用に童謡があったらいいなぁと思って自分のCDを捜索してみた。あったのはメタル、オペラ、クラシック、民俗音楽、ニューミュージック。ただ一枚、童謡があった。それはマザーグース。これはイケルと思ったおいらは毎日聞いた。練習もした。

ある日、それを見ていたクマたんが一言。「これって子供が聞く音楽じゃないよね・・・・歌詞が・・・・・」

確かに、酔っ払いの歌だったり、詐欺を企てるも失敗しちゃったとかあんまりかわいい歌詞とは言えない。

指摘を受けたおいらは、そっとCDを片付けるのであった。

2008年5月 2日 (金)

ベビーカー

子グマを輸送するのに今まではたて抱っこ紐を使っていたのだけれど、あれって10kgまでしか耐えられない。その上わが子は生後半年にして9kgの大台突入。テラヤバス、ギガヤバス。

そこでいろいろ試した結果、軽いベビーカーを買った。暑がりな子グマの為にシートはメッシュのヤツだ。試乗しているときのヤツはご機嫌さんだったのだ。

早速本人を乗せてシートベルトをし、おいらは楽になり、ウキウキとお散歩へ。

>>途中から不機嫌になる。結局抱っこして戻ることに。このベビーカー、ただのお荷物になる。はっきりいって邪魔である。

次の日も試すが不機嫌になり、ベビーカーは荷物カート、右手一本で9kgを支えて家に帰る。正直いって片手だと重い、すんごく重い。

その次の日も試すがやっぱり叫ばれてスリングにいれるもなぜか直立状態になり、結局抱えて家に。前日の筋肉痛もあいまって非常にキツイ。生体ダンベル絶叫付のトレーニングである。おいら、そんなトレーニングは望んでいない。

おかしい、何かがおかしい。試したときは乗ったじゃないか、ご機嫌ちゃんだったじゃないか、我が子よ・・・・・・・とほほ。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »